鹿児島の郷土菓子「ふくれ菓子」を昔ながらの手法と地元の素材をいかしながら、新しいスタイルの蒸し菓子に発展させたFUKU+RE(フクレ)の公式ブログです。


新定番 桜島小みかんのふくれ菓子発売開始!

DSC_0680.jpg

FUKU+REで通年作っている定番商品に、桜島小みかんを使ったふくれ菓子が仲間入りしました。

桜島小みかんは、5センチにも満たない小さな姿に、甘さがギュー〜と凝縮された世界一小さなみかん。その桜島小みかんを丸ごと1週間かけて炊いて作ったグラッセと、生姜のコンフィチュールを合わせてふくれ菓子に仕立てました。表面にはみかんの枝葉模様とごまやカボチャの種をあしらって。プチプチ感がいいアクセントになっています。

「Ko-mikan」商品ページ
https://www.fukure.com/c/fukure/14

 

presents by FUKU+RE

FUKU+REは 鹿児島の地方菓子「ふくれ菓子」をオシャレにアレンジした、全く新しいお取り寄せスイーツ。洋菓子でも和菓子でもない新感覚の蒸しケーキです。http://www.fukure.com/

 

かお

10月で3歳になるというのに、未だひたすらおっぱいなムスコ。
「ゴルゴ13の顔をおっぱいに描いたら、きっぱり離乳した」という友人の話を聞いて
早速、鏡を見ながら実践してみました。
ワクワクしながらムスコに披露すると、笑っちゃうぐらいおびえて、
二度とおっぱいには近づかなくなりました。
効果テキメン手書き風シリーズ矢印上 ゴルゴ13、偉大です。

そんなこんなで、今「かお」が旬な私ですが、
先日、購入した絵本がコチラ。
空き時間に立ち寄った東京デザインセンターにて発見。

かおノート (WORK×CREATEシリーズ)
tupera tupera
コクヨS&T
売り上げランキング: 12664

のっぺらぼうな顔が52ページ分に、目・鼻・口などの顔パーツのシールがついた
「アートなふくわらい」絵本。
鹿児島へ帰る飛行機の中、娘のいい遊び道具となりました。

東京デザインセンター
インテリア系のショールームや、デザイン会社が入っているビル。
1Fの本屋さんはマニアックなデザインの専門書などあって眺めるだけでも楽しい。
〒141-0022 東京都品川区東五反田5-25-19
TEL 03-3445-1121

presents by FUKU+RE

FUKU+REは 鹿児島の地方菓子「ふくれ菓子」をオシャレにアレンジした、全く新しいお取り寄せスイーツ。洋菓子でも和菓子でもない新感覚の蒸しケーキです。http://www.fukure.com/

未来の食卓

映画『未来の食卓』
先日フランスのドキュメンタリー映画、「未来の食卓」を見てきました。

我が子がガンに苦しむ苦悩を語る母親の姿など、
主婦として、菓子製造者として食べ物を扱う責任の重さを改めて痛感しました。

映画の終盤で、ビオとは何かという問いに
「そのまんま」と小さな男の子が答えていたのがとても印象的で。
安心・安全、自然の恵みそのまんまの美味しさを伝えられるよう
日々勉強していきたいと思います。

■「未来の食卓」公式ページ
http://www.uplink.co.jp/shokutaku/

presents by FUKU+RE

FUKU+RE(フクレ)は 鹿児島の郷土菓子「ふくれ菓子」をモダンにアレンジしたお取り寄せスイーツ。
洋菓子でも和菓子でもない新感覚の蒸しケーキです。   http://www.fukure.com/

Follow Me !
instagram
facebook
twitter
picture
フクロウ
FUKU+RE Friedrich Wilhelm Nietzshe
だるま
Copyright © 2019 FUKU+RE All Rights Reserved